日経225先物専攻コース

日経225先物専攻コースのご案内

日経225先物はマニアックな金融商品

 

日経225先物は、FX(為替)とほぼ同じ、約25倍のレバレッジを効かせたトレードができる金融商品です。
少ない資金で多額の投資ができるのは、FX(為替)と同様で、為替と同じように「大きく儲かることもあるが、大損する可能性もある」という、投資マニア御用達のマニアックな金融商品と言えるでしょう。

 

「株の個別銘柄も飽きたし、銘柄を選ぶのも面倒だから」と、軽い気持で日経225先物に挑戦する人も少なくありませんが、「最大3倍のレバレッジ」の株式投資とは、まったく「分野が違う」と考えておいた方がいいでしょう。
日経225先物には、日経平均=2万円として、約2,000万円の日経平均株価を買うことになる「ラージ」と、その10分の1で、約200万円の日経平均株価を買うことになる「ミニ」があり、それぞれ、証拠金は80万円程度(ラージ)、8万円程度(ミニ)で投資できます。

 

日経225先物は、手持ちの資金を効率よく投資できるので、中級、上級のトレーダーに人気があります。
しかし、大きな投資チャンスがあるパワフルな金融商品だけにリスクも大きいので、安易に挑戦せず、まずは、きちんと学ばれることをおすすめします。

 

また、「いきなりラージ」で取引するのは避けましょう。「まずはミニから」が鉄則です。
約8万円の証拠金で取引が可能な「ミニ」で練習したのち、「これなら資金量が10倍になっても行ける」という確信が得られたら、「ラージ」に挑戦してみましょう。

 

 

日経225先物トレードの悩み

 

1:限月(げんげつ)? SQ? 日経225先物取引の「しくみ」がわからない!

…「日経225の基本がわからない」という悩み。

2:気軽に始めたら、いきなり大損してしまった!

…「リスク管理ができなかった(できない)」という悩み。

3:何を見て、何を基準にトレードすればいいのか、わからない!

…「トレードの方針」が決められない、という悩み。

4:買えば下がる、売れば上がるで、逆ばかりになってしまう!

…「値動きの予想が難しい」という悩み。

5:チャートの読み方がわからない!

…「テクニカル分析がうまくいかない」という悩み。

6:勝ったり負けたりで、投資成績が安定しない!

…「トレードが上達しない」という悩み。

 

──などなど、日経225先物のトレードに、悩みは尽きないと思います。
「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」では、「これからFX(為替のトレードを始めたいが、いったい何から始めたらいいのか、わからない」という初心者のための、証券会社の選び方から発注方法などの基礎知識から、プロ投資家が使っている上級トレードテクニックまで、受講生の経験や理解度に応じて、個別にていねいにお教えします。

 

日経225先物トレードのテクニックは個人レッスンで学ぶのがベスト

 

日経225先物トレードの技術は、短期、中期、長期トレードの実演なども交えた、実戦的でわかりやすい、個人レッスン形式で学ぶのがベストです。
「プロトレーダー養成塾」で、経験豊富な講師から、直接、日経225先物トレードの知識を学び、あなたのトレードをより安全で、より利益の上がるものにしませんか?

 

「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」は、完全個別指導ですから、あなたのFX(為替)トレードの状態に必要な知識を、素早く、効率良く学ぶことができます。

 

日経225先物トレードの攻略法 1〜6

 

先に、「日経225先物トレードの悩み」を6項目あげました。
これら6つの悩みに対応する、6つの「日経225先物トレード」の攻略法をご紹介します。

 

 

日経225先物取引の基礎知識を学ぶ。(攻略法:1)

 

日経225先物取引には、株取引やFX(為替)取引と異なる、様々な知識が必要になります。
最も重要なのは「限月(げんげつ)」です。日経225先物には、決済して取引を終了しなければならない「締切」がセットされており、それが限月です。
たとえば、12月限(じゅうにがつぎり)の日経225先物は、12月の第2週の金曜日までに取引を終了しなければならず、自分で取引を終了しなかった(決済しなかった)場合、自動的に決済が行われて取引終了となります。この日のことをSQと言います。
「さあ、今から、日経225先物を取引するぞ」という場合、まず、どの限月の日経225先物を選べばいいのかが問題になります。

 

「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」で学べば、どの限月の日経225先物を選んでトレードするのがいいのか、それはなぜか、といった、トレードに必要な基礎知識を学ぶことができます。
日経225先物取引について解説する本も出ていますが、実は、取引を行う上で大切なことは、それほど多くありません。
「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」では、すべてのレッスンが個人レッスンですから、必要な知識だけを効率良く、スピーディに学ぶことができます。

 

日経225先物取引の資金管理とリスク管理を学ぶ。(攻略法:2)

 

日経225先物取引は証拠金取引であり、実際の投資金額の、約25文の程度の資金で、取引が可能です。
たとえば、日経平均株価が20,000円のとき、日経225先物のミニを1枚買う場合、ミニ1枚は、日経平均株価の100倍となり、2,000,000円ですが、この25文のである、約8万円で買うことができるわけです。
このとき、「自分は8万円分の、日経平均株価を買ったのだ」と考えたら大間違いです。2,000,000円という、結構な大金に相当する日経平均株価を買っているのです。
このとき、日経平均株価が100円動くと、10,000円の損益が出ます。
日経平均株価が100円下がれば、10,000円の損失(評価損)が出ますし、100円上がれば、10,000円の利益(評価益)が出ることになります。
日経225先物取引では、投資金額の25倍のトレードが行われるということをしっかりと認識して、過剰投資にならないよう、注意しなければなりません。

 

「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」で学べば、日経225先物取引における資金管理、リスク管理を学ぶことができます。
日経225先物取引を、いきなり始めるのは危険です。少ない資金で、いきなり「ラージ」を売買して大損した、といった悲劇を防ぐため、日経225先物取引のしくみをしっかり学んで、リスクを抑えたトレードを行いましょう。

 

日経225先物取引の売買ルールや基準を決める。(攻略法:3)

 

日経225先物取引は、高いレバレッジを前提とする、ハイリスク、ハイリターンのトレードとなります。ただ、「上がりそうだから買おう」「下がりそうだから売ろう」といった、適当なトレードをくり返していると、どんどん資金が減ってトレードを続けることができなくなります。
こうした失敗を防ぐためには、日経225先物取引の売買ルールや売買の基準を決める必要があります。
このとき、ファンダメンタルズを基準にするのか、テクニカルを基準にするのか、テクニカルであれば、いったいどの指標を使うのかが問題となります。

 

「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」で学べば、どのような基準、ルールで日経225先物取引を行えば、より有利なトレードが可能になるかがわかります。
テクニカル指標についても、単なる講師の「好み」で決めるのではなく、過去の検証に基づいて、どの指標を選び、どのように使うのがベストなのかをお教えしています。

 

日経225先物の値動きが読めるようにする。(攻略法:4)

 

日経225先物には、株と違って「証拠金取引である」という特徴があるのと同時に、もう1つ、大きな特徴があります。それは「株よりも、はるかに取引時間が長い」ということです。
日本株の取引は、朝9時からスタートし、11時半〜12時半の「昼休み」を経て、午後3時に終了します。
しかし、日経225先物は、朝9時にスタートしたら、お昼休みなく継続します。いったん3時15分に取引を終了ますが、そのあと、午後4時30分からナイトセッションがはじまり、朝5時30分まで取引が可能です。

 

たとえば、米国の重要指標である「雇用統計」や、米国の重要イベントである「FOMC」は、日本時間の夜間に行われるため、株は直接、これらの指標やイベントに影響を受けることはありませんが、日経225先物は、経済指標やイベントの影響を直接受けるという特徴があります。

 

「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」で学べば、日経225先物に、どのような値動きの特徴があるかを、さらに詳しく学ぶことができます。
「プロトレーダー養成塾」の個人レッスンは、夜間取引にも対応しているので、重要な経済指標発表時の価格変動を利用した取引を、リアルタイムで解説する授業を受けることもできます。

 

日経225先物のチャートを読めるようにする。(攻略法:5)

 

日経225先物をトレードするにあたっては、チャート読解が必須となります。しかし残念なことに、実は、日経225先物については、証券会社からあまりマトモなチャートが提供されていないのです。
日経平均のチャートで代用することも、できなくはありませんが、限月があることや、取引時間が違うことなどから、日経平均のチャートと、日経225先物のチャートは「別物」であり、厳密には代用できません。
スマホに対応している証券会社のチャートを、スマホで読むこともできますが、いかんせん表示範囲が狭く、実用的ではありません。
日経225先物では、限月ごとにチャートが存在するのに加え、時間足、分足などもあり、いったい、どのチャートをどう読めばいいのかについても迷います。

 

「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」で学べば、日経225先物取引をするにあたって、どういうツールを使って、どのチャートをどのように読み解けばいいのかが、わかります。
ぜひ、「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」でチャート読解をマスターして、日経225先物を的確に、冷静にトレードできる、熟練のトレーダーを目指しましょう。

 

日経225先物の投資成績を安定させる。(攻略法:6)

 

日経225先物取引でも、FX(為替)取引と同様、「コツコツ儲けていたのに、あるトレードでドカンと損をして、利益が残らない」という失敗パターンに陥る人が少なくありません。
これには、いろいろな原因がありますが、要するに「相場の急騰、急落に対応できないトレードをしていたこと」が「コツコツ、ドカン」の主たる原因であると言えるでしょう。
また、トレーディングのルールが、きっちり定まっておらず、「なんとなく上がりそうだと思ったから、買った」「下がりそうだと感じたから、売った」といった、感覚的なトレーディングをくり返している場合も、同様に「コツコツ、ドカン」のワナにはまりやすくなります。

 

「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」で学べば、急騰、急落があることを前提としたトレーディングの手法が学べますので、「コツコツ、ドカン」に「はまってしまう」可能性を低くすることができます。
トレードを一定のルールに基づいて、安定的に行うこともできるようになるでしょう。
「プロトレーダー養成塾」の「日経225先物専攻コース」で学び、安定したトレーディングができる、日経225先物の達人を目指しましょう。

 

 

日経225先物専攻コースの指導内容

 

株式会社プレコオンラインのプロトレーダー養成塾「日経225先物専攻コース」は、充実した指導と、ていねいなサポートで、あなたのトレードを上達に導きます。

 

1:1回100分の個人レッスン×12回

わかりやすく効率のよい、長谷川が直接指導する、マンツーマンの個人レッスンです。
トレードの実戦的なテクニックを最速で学ぶことができます。

2:特別テキスト(400ページ程度、PDFでご提供)

テクニカル分析を体感的に身につけるための秘伝の書です。
長谷川が商業出版している市販の本には一切書かれていない内容です。

3:受講生だけのプレミアムメルマガ「マーケットナウ」を配信

受講生には週6回、プレミアムメルマガ「マーケットナウ」を配信しています。
月曜日〜金曜日までは、翌日の売買チャンス銘柄の情報を、日曜日には、翌週の相場見通し記事を配信します。

4:回数無制限のメールサポート

返信が早いので疑問点をすぐに解消できます。日々のトレードの相談もできます。

5:月2回程度まで、1回10分程度までの電話サポート

緊急のご相談には電話サポートをご利用ください。

 

FX(為替)専攻コースの受講料

 

プロトレーダー養成塾、日経225先物専攻コースの受講料は…

360,000円+消費税です。(指導期間:1年間)

※税込:396,000円

受講料は一括でお支払いください。

 

まずは無料体験レッスンから

 

「プロトレーダー養成塾」に興味を持たれたら、まずは無料体験レッスンを受講してみましょう。
「プロトレーダー養成塾」の無料体験レッスンは、下のフォームよりお申し込みいただくことができます。

「無料体験レッスン」を受講できるのは1回だけです。

「無料体験レッスン」を受講できるのは、プロトレーダー養成塾への入塾を検討されている方だけです。ブログ記事執筆のための取材目的での受講、同業者の方の「偵察」的な受講は、かたくお断りします。

弊社は、無料体験レッスンのあと、しつこく入塾をすすめたり、「○月○日の○時までに入塾すれば、こんな特典があります」などと、期限を切って入塾を促すような、投資家保護の観点から不適切であると思われる販売促進は行っていません。ご安心の上、受講をご検討ください。

 

無料体験レッスン受講お申し込み

 

無料体験レッスン受講のお申し込みは、下記フォームよりどうぞ。
このメールに直接ご返信いただく形でもお申し込みいただけます。
お電話(090-3588-9600)でのお申し込みも可能です。

お客様の個人情報を保護するため、弊社サイトでは、メールフォームからの送信にSSL(暗号化送信)を使用しています。

 

このあとの確認画面で、
[送信する]ボタン が表示されない場合、画面を下にスクロールしてください。

スマホでご回答いただいた場合、このあとの確認画面が表示されない場合があります。
その場合、画面を上にスクロールしてください。

[v]自分にも送信内容のコピーメールを送る。
には、チェックを入れて &color(red){[送信する]ボタン}; をクリックして下さい。確認のメールが、ご自身にも送付されます。
「受付完了」のメッセージが表示されれば、送信成功です。

金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第123号
〒509-7202 岐阜県恵那市東野1327-3
株式会社プレコオンライン
代表:長谷川 雅一
電話:090-3588-9600(長谷川直通)
※土日祭日含む、朝10時〜夜10時まで電話受付中。
固定電話:0573-25-9600