リミックポイントついに株価を50円下げて長期移動平均線を下回る

はいさいこんにちは!株式投資初心者のデイトレード日記管理人の結城蓮です。

記事タイトルを確認された方はもうお気づきだと思いますが、私の保有しているリミックスポイントがついに株価を50円下げて長期移動平均線を下回ってしまいました

今回の値下がりで私は甚大な被害を被ってしまいました。

本日の記事では株価を50円下げた理由を私なりに考察していきたいと思います。

また、今後リミックスポイントをどうするのかも合わせてアップしていきたいと思います。

リミックスポイントが下げたと思う理由1:ドル安円高

私的にはこれが1番の要因だと思っています。

昨日の時点では円安方向に推移していきそうだなと思っていたのですが、本日は明らかに円高に推移しています。

本日のドル円は始値が108円930銭で安値が108円528銭とかなり円高が進行してしまいました。

1ドル1円下げるだけで日本株価は大きく下げてしまうことはみなさんご存知の通りですし、私の経験からもわかっていることなのですが、円高が進んでいる間は相場環境としてはかなり厳しいものがあります。

理由2:日経225大幅下落

前述したようにドル円の円高進行の影響を受けて日経平均株価が大幅に下落しています。

本日の日経平均株価は前日比337円37銭安の23291円97銭と大きな陰線となってしまいました。

もうこれは個別銘柄がどうこうという問題ではなく日本株式市場の問題ということになります。

もちろん相場環境が悪い中でも一部の銘柄は株価が上昇しているものはありますが、やはり確率からいってこういう相場では動かない、信用取引ができる方であれば空売りで勝負するべきだと思います。

現物買いしかできない私は動かずに大人しくしているしかないということですね。

理由3:NYダウ30種も下落

本日はNYダウ30種も下落しました。

前日比177ドル23セント安26439ドル48セントとこちらも下落しました。

ここ最近はNYダウ30種が上がり続けている時でも日経平均株価は下がるといったことも珍しくないので、私的にNYダウ30種と日経平均株価が連動して上げ下げしているという考え方には疑問を持っているのですが、困ったことにNYダウ株価が下がる時にはしっかり連動して日経平均株価を更に大きく下げるようです。

ニューヨークが上げたからといって期待せず、下げた時には注意したほうが良いみたいですね。

リミックスポイントはここから巻き返せるのか?

さて、本題のリミックスポイント(3825)ですが、今回の株価下落をどう捉えるべきかということです。

まず大前提ですが、私がリミックスポイントをスイングトレードで短期ではなく中期で保有すると決めたのは私の中で期待値の高いチャートパターンを形成したからです。

安値と高値を切り上げて上昇し始めましたし、トレンドラインや中期移動平均線、長期移動平均線を上抜けしたので、その味方を強めたわけです。

もしこれが予定通り上昇トレンドの初動だった場合、中期で保有することで結構な利幅をとることができるかなと考えたわけですが、その考えが間違っていたと確定したわけではないと考えています。

理由としてはまず上記したように、今回株価が下がったのはリミックスポイントに限らず日本株式市場全体に言えるということです。

日経平均が上げている中の下落であればリミックスポイントに下がる要因があったと考えられますが、本日に限っていえばよほどポジティブな材料が出ている銘柄以外は下げてしまっていると思います。

また、リミックスポイントに関してはポジティブなニュースも出ています。

新株予約権が完了したことや、連結売り上げ高が今3月期、来期と2倍近い成長が続く見通しとなっています。

電力売買、中古車査定システム、金融がどれも好調で、決して仮想通貨だけの銘柄ではありません。

同社はセキュリティー面をしっかり考えており、セキュリティー強化のための本社移転を完了したことは、金融のみならず仮想通貨の面でも安心を与える材料になると思いますので、コインチェックからのユーザーの流入も十分に見込めると思います。

後は、移動平均線が日足、週足、月足どれで確認しても短期・中期・長期線が収縮してきています。

3つの移動平均線が近づくポイントで出来高が増えて株価が急騰してゴールデンクロスとなる可能性は十分あると思います(逆に下に大きく下げる可能性もあるかもしれませんが)。

2月13日の決算発表はほぼ好決算で間違いないと思うので、そのタイミングで株価が急騰するのではないかと期待しています。

リミックスポイントが外国人投資家からあまり注目されていないだけなのではないかとか都合の良いように解釈したくなるぐらいです。

ということで、以上の理由から私はリミックスポイントを売らずに引き続き継続保有しています。

2018年1月30日のリミックスポイントのサマリー

今の正直な気持ち

ちなみに本日の含み損は18300円となっています。

含み益の時から計算すると50000円ぐらい下げてしまっています。

本音を言うと、あの時スイングトレードに切り替えず普段通りデイトレードで売っていれば、今頃は今月の目標を達成できて、こんなに悩みを抱えることもなかったのになと思っています。

私の今の考え方がプロスペクト理論に当てはまってしまっていることもわかっています。

含み損を抱えて自分にとって都合の良い解釈で株を保有し続けている今の状態が塩漬けだということも分かっています。

でももう後に引けない心理状態になってしまっているのでもはやどうしようもありません。

多分このまま株価が下降を続けても決算発表までは損きりできないと思います。

もし今回リミックスポイントで大きな含み損を抱えてロスカットになった場合、私がその後に株トレードとどう向き合っていくのかわかりませんが、その時は株トレード初心者の失敗例として皆さんの反面教師にしてやってください。

それでは今回はここまで!まったね^^

本日のトレード結果

今月始めの総資産220268

今月の資金追加+50000円

本日の実現損益±0円

今月の実現損益+1279円

現在の総資産239906円

 

Posted by 結城蓮