コインチェック580億円不正送金発覚でリミックポイントも大打撃?

2018年1月26日

はいさいこんにちは!株式投資初心者のデイトレード日記管理人の結城蓮です。

デイトレードが楽しくて今年はデイトレード主体で取り引きをすると決めていたのですが、現在はスイングトレード真っ最中です。

中期で保有して利益が期待できる銘柄に関してはスイングトレードも行うスタイルでいこうと決めていたのですが、今年最初のスイングトレード銘柄からやらかしてしまった感じです。

コインチェックが580億円を不正に送金されたと午後からニュースになった影響で仮想通貨関連銘柄のリミックスポイントも巻き添えで株価が急落しそうです。

本日はスイングトレード中のリミックスポイントの株価の推移に加えてコインチェックの不正送金問題についてもアップしていきたいと思います。

ドル円の円高が進行で相場環境は悪化

NYダウ30種は本日も好調で、前日比+140ドル67セントの26392ドル79セントとなりました。

米株式市場は絶好調なのですが、日本株式市場は不調です。

始値は前日比で87円85銭高で寄り付いて、高値はそこから40円ぐらい上がったのですが、最終的には前日比37円61円安の23631円88銭まで下げてしまいました。

トランプ米大統領がテレビのインタビューで「ドルはどんどん強くなる」とドル高を容認したと受け取れる趣旨の発言をしたとニュースになっていましたが、それも要因の1つみたいですが困ったものです。

ドル円が記事を書いてる間も109円台と108円台を行ったり来たりしているのですが、やはり円高が解消されないと日経平均株価の反発は厳しそうですね。

こういう時に現物買いで利益を出すのはなかなか難しいと思うのですが、こういう時に信用取引で空売りができたらなと改めて思います。

きっちり利益を取っていって、資金の追加を頑張って1日でも早く信用取引ができる資産額に持っていけるよう頑張ります。

リミックスポイントは本日もスタートだけ好調

前日のチャートや大引け不成の終わり方などから本日のスタートは期待が持てると思っていた私の保有銘柄リミックスポイント(3825)は期待通りのスタートでした。

日経平均株価が寄り付いてもリミックスポイントは寄り付かず、買い板にはSの文字。

特別買い気配でのスタートとなりました。

前日の終値は794円だったのですが、始値は815円と中々良い滑り出しでした。

しかし毎日のことながら良かったのは寄付き直後だけで、その後すぐに高値818円を付けてそこから長い下げ基調でした。

しまいには出来高も激減して2分あしでは滑らかさのないチャートになってしまいました。

安値は785円で終値は787円とかなり微妙な株価での大引けとなっています。

日足チャートの長期移動平均線763円は死守しているものの、午後からコインチェックの不正送金のニュースが話題になっているので(後述します)、仮想通貨への不信や不安から仮想通貨関連は道連れ的に値下がりしそうです。

さすがに今回は長期移動平均を下回ってもおかしくないのではないかと思っています。

2018年1月26日のリミックスポイントのサマリー

コインチェックが580億円の不正送金発覚でリミックスポイント巻き添えに?

コインチェックが580億円を不正に送金されたと午後からニュースになって投資家達の間で話題となっています。

仮想通貨関連銘柄としてリミックスポイントも巻き添えで株価が急落しそうです。

PTS取引ができるJNXでは15時後も活発に取引が行われていて735円まで下落しています。

JNXでは中期の移動平均線714円より安い705円の安値を付けて押し戻されて終わった形になっていますが、週明けリミックスポイント東証2部の取引は特別売り気配から始まってストップ安までいくのではないかと覚悟しています。

私も本当なら大きな確定損失になってもPTS取引で全て売ってしまいたかったのですが、リミックスポイントの直接的なニュースではなかったのでアラートもなく、コインチェックのニュースに気づくのが大幅に遅れてしまいました。

月曜日は寄付きから成り行き注文で売って急落する前に即撤退しようと考えていますが、株価が735円以下まで下がるとと含み損が20000円以上になってしまいます。

月曜日の値幅制限のストップ安が637円ですので、もしストップ安になった場合、その時点で含み益は50000円になります。

とても厳しいですね。

2017年12月26日に付けた下降トレンドの底値が615円ぐらいなので、その辺りで下げ止まってほしいのですが、それ以上下げてしまったら私は株取引からの退場を食らうかもしれません。

長い下降トレンドが終わりリミックスポイントはここから上昇トレンドを形成していくと思ったのですが、韓国や中国の仮想通貨の規制や、仮想通貨の取引所が次々とサイバー攻撃を喰らったり、円高が進行したりと相場環境は最悪です。

土日にポジティブなニュースでも出てくれれば良いのですが、逆にビットポイントがサイバー攻撃の標的にされているといったネガティヴニュースが出たらどうしようといった感じです。

こんな状況で週末を過ごさないといけないというのは不安でいっぱいです。

他の株主の皆さんも多分同じ気持ちだと思うので週明けはやっぱり急落ですかね。

もし望みがあるとしたら、コインチェックの不正送金が発覚してすぐにリミックスポイントの小田社長がFacebookでビットポイントは安心安全を第一に事業展開をしてきたこと、口座開設受け入れ体制を今週末も最大限の体制で対応すること、他者通過を受け入れることができるような体制整備を行うように指示をしたことをコメントしたことですかね。

もともとBITPointの取引システムは楽天証券の元最高技術責任者が開発していて証券会社レベルの高いセキュリティを実現しているとのことなので、それが追い風になってほしいところです。

特別売り気配からストップ安になって株価を売れなそうな場合には、いっそ開き直って塩漬けしようと思います。

ビットポイントのセキュリティーに一縷の望みを託す覚悟しています。

社長の対応の速さを好感した買いや、日本最大手コインチェックのユーザーがビットポイントに流れて利益上昇を見込む買いが入ってくれたらなと思いますが、私的にこういう場面では人はやはり期待より不安のほうが勝ると思います。

まぁ考えたところで今はどうすることもできないので、為替や経済ニュースを確認する時以外は一心不乱に筋トレでもして気を紛らわせようと思います。

仮想通貨を始めるならセキュリティー重視で選びましょう

仮想通貨

こういう事件が起きても、これからもまだまだ仮想通貨を始める人は増え続けると思います。

理由としてはクレジットカードや電子マネー、キャリア決済など色んな支払い方法が私たちの生活に欠かせないものになっていったように、誰もがインターネットに繋がっている時代で仮想通貨はこれから私たちの必要不可欠なものになっていくと思います。

今でもネットで何かを購入する際に、たまにクレジットカードでしか決済できない商品があったりしますが、これから仮想通貨を持っていないと買えない商品とかも増えきて、いつかは必ず仮想通貨を持たないといけない日がくると思います。

ということでみなさん、これから仮想通貨を始める場合は是非セキュリティーのしっかりしているビットポイントではじめましょう(笑)

というのは冗談ですが、ビットポイントじゃないにしろ、最低限金融庁に登録されているセキュリティーのしっかりした取引所を選んでくださいね。

ちなみに、Bitcoin日本語情報サイトで確認したところ、2018年1月26日現在ではQUOINEXがSSL評価A+で一番セキュリティーが高いみたいですね。

調べてみたらビットポイントはBでした( ;∀;)

現在私はリミックスポイントの株主なわけですが、もしこれから仮想通貨を始めとしたらビットポイントではなく絶対QUOINEXで取引を始めますね。

だって資産を盗まれたくないんだもん・・・

たとえ自分の持っている仮想通貨の価値が10倍とかになったとしても盗まれてしまっては何の意味もないですからね。

楽天証券や楽天銀行もサイバー攻撃にやられませんように!

それでは今回はここまで!まったね^^

本日のトレード結果

今月始めの総資産220268

今月の資金追加+50000円

本日の実現損益±0円

今月の実現損益+1279円

現在の総資産253406円

Posted by 結城蓮