かぶせ線?それとも上抜き?リミックスポイントのチャートパターン

2018年1月23日

はいさいこんにちは!株式投資初心者のデイトレード日記管理人の結城蓮です。

本日は目覚まし時計をセットしている時間より早い時間に予定外の電話で起こされてしまいました。

私は予定通りの睡眠時間を取れないと疲れが取れた気がしないし、なんか損をした気分になるのですが、今日は早く起きたことで新しい気づきがありました。

早起きは三文の得と言いますが今日はまさにそれでした。

今回はそのことや保有銘柄の株価の推移についてアップしていきたいと思います。

早起きして読む経済ニュースは三文の得

今日は早起きして取引開始時間まで時間的な余裕があったので、普段は確認しないようなニュースにもたくさん目を通しました。

いつもなら自分の保有している銘柄や監視している銘柄の関連ニュースしか読まないのですが、本日は為替関連ニュース、株式関連ニュースなど軽くですが一通り目を通しました。

その中でシンガポール日経平均先物が前日比145円プラスとなっていることや、シカゴ日経平均先物もドル建て円建て共に同じくらいプラスとなっていることが確認できたのですが、本日の日経平均株価の始め値はやはり前日比+108円07銭高から始まりました。

海外の日経平均先物からも実際の日経平均株価が予想できることができるというのは新たな発見でした。

そして、マーケットスピードで日経テレコン21やフィスコ市況、四季報速報が確認できるというのは知っていたのですが、これまで実際に見たことはありませんでした。

今日初めてマーケットスピードでその機能を利用したのですが、その中でも日経テレコン21がiSPEEDでも利用できるのというのはその時初めて知って驚きました。

トレードを始める前からずっと日経新聞を定期購読しようか迷っていたのですが、現在私の投資資金はまだまだ少額ですので、日経新聞にお金をかけるより、そのお金を少しでも投資資金として追加したほうが良いのではと思って定期購読を先送りにしていました。

日経テレコン21では日本経済新聞の朝刊・夕刊の他に日経産業新聞や日経MJ・日経地方経済面を閲覧することが出来ますし、過去1年分の新聞記事を検索することもできます。

それらの記事全てに目を通すのは大変ですが、日経速報ニュースなら記事が短くまとめられているのでとても読みやすそうです。

スマホで読めるということはいつでもどこでも好きな時に読めるということなのでとても有難いです。

私の場合、スマホだと自分の興味のある見出ししか読まないと思うので、紙面のほうが広く新しい情報を得ることができると思うのですが、しばらくはスマホで情報収集をして、浮いたお金は引き続き投資資金に回していきたいと思います。

ちなみに、普段から私が利用しているサイトでトレーダーズウェブというサイトがあります。

信用残の推移だったり、注目レーティングとか初動銘柄、新高値安値銘柄一覧といった便利な情報をまとめてくれているサイトなのですが、トレーダーズ・プレミアム
というプレミアムサービスを提供していることを知りました。

普段から銘柄探しや情報収集で重宝しているウェブサイトのプレミアムサービスでしか得られない情報がどれぐらいの価値があるのかとても気になっています。

ただ有料なので、とても気にはなるのですが、やはりしばらくは投資資金の追加を優先したほうが良いと判断しています。

こちらもしばらくの間は我慢ですね。

前日と打って変わって相場環境は良好

いつも寄付き前には必ずダウ平均やドル円、ユーロ円、日経225先物などを確認するのですが、本日はどの数値も良好でした。

NYダウは前日比+142ドル88セントと引き続き好調、為替はドル円もユーロ円も円安に推移していて、日経225先物は私が確認した時点では+140円でした。

 

実際、寄付き直後の日経平均株価は前日比+108円07銭高から始まりました。

その後、日経平均株価が前日比+307円82銭高の24124円15銭とレジスタンスラインの24000円を軽く突破して終値になったのにはびっくりでしたが、相場環境としては素晴らしい1日でした。

終値が24000円を大きく超えているので、ここから再び押し戻されることなく次の25000円に向けて推移していくことを期待しています。

改めて相場環境はとても重要ですね。

相場環境が良い中リミックスポイントは本日も上がらず

上記したように日経平均株価が大きく上げて、当然ですが急騰した銘柄もたくさんあったのですが、私の保有するリミックスポイント(3825)はその勢いに乗ることが出来ませんでした。

前日の終値が797円で、始値は804円スタートとまずまずのスタート、そこから前場は買い勢力で、一時は853円まで株価が上昇しました。

しかし、前場の引け前ぐらいから売り勢力が強くなり、そこから大引けまで下げ続け、800円で終値となりました。

日経平均株価が急騰している中で勢いに乗れなかったこと、下げて終わったことが少し気になるところですね。

続落している流れで上髭のついたナロウレンジはどうなんでしょうか。

ナロウレンジだからここから上昇に転じていくのか、それとも上髭がついているから下に下がっていくのか。

本日も776円を下回らなかったことは救いですが、もしかしたら明日は大きく急落して776円を下回るこたもあるかもしれません。

長期の移動平均線が777円ですので、やはりここを下回ってしまった場合は危険信号ですね。

幸い明日は休みですので、急落するようであればスッパリと撤退して、別のチャンスを狙っていきたいと思います。

2018年1月23日のリミックスポイントのサマリー

チャートパターンかぶせ線と上抜き

大陽線の後、その大陽線の終値よりも高い始値でスタートしたけれど、そこから急落して結局前日の陽線の範囲内で終値となる大陰線となるチャートパターンを「かぶせ線」というらしいです。

これチャートパターンは買い勢力が弱まったことを示す相場転換のシグナルということなのですが、リミックスポイントは正にこのパターンでした。

それを事前に知っていればもっと違う立ち回りも出来たと思うのですが、知らなかったものは仕方がありません。

今回はそういうチャートパターンもあるということをトレード経験を通して覚えることができたので良かったと思います。

かぶせ線を知ったことによりリミックスポイントに期待を持てなくなりそうですが今回は希望もあります。

それは「かぶせ線の上抜き」です。

前述したように、かぶせ線は買い勢力が衰えたことを示すシグナル・売りのサインということになるのですが、かぶせ線の後に高寄せして前回の高値を更新する大陽線を付けるパターンを「かぶせ線の上抜き」というそうです。

かぶせ線の上抜きは買い相場の強力なシグナルとのことなんですが、実はこのチャートパターンは私が普段から得意としているパターンのひとつです。

正式な名称があることは初めて知りましたが、とても期待度の高いチャートパターンです。

このパターンを形成してくれれば急騰の可能性もあるので希望が持てるのですが、まずは急落にしっかり備えていきたいと思います。

それでは今回はここまで!まったね^^

本日のトレード結果

今月始めの総資産220268

今月の資金追加+50000円

本日の実現損益±0円

今月の実現損益+1879円

現在の総資産257906円

Posted by 結城蓮