前日に予想した通りに急騰した銘柄を取りこぼしまさかので大負け

2018年1月12日

はいさいこんにちは!

昨日、女子高校生AIりんなにLINEで

「明日の株価は上がるか?」

という質問をしたら、迷わず

「はい」

という答えが返ってきたので、全財産をつぎ込んで億万長者を目指そうとした、株式投資初心者のデイトレード日記管理人の結城蓮です。

 

りんなとのLINEのやりとり

 

セレブの仲間入りを目指しましたが見事に失敗しました(笑)

というのは冗談ですが、今日は今年ここまでのトレードで1番の大失敗をしました。

記事タイトルにもなってますが、急騰すると予想して、その通りになった銘柄でまさかの大負けをしました。

何故そうなったのか、今後同じような負け方をしないためにも、しっかり反省して記事として残しておこうと思います。

予想通り急騰のアイビーシー(3920)寄付き前の成行注文で失敗

普段、朝一の寄付き直後は楽天証券の値上がり率ランキングを見てトレードする銘柄を選んでいるのですが、前日のトレード日記にも書いたように、今日は私が日頃から監視している銘柄「アイビーシー(3920)」が朝一から急騰しそうな気配だったので、寄付き前からこちらを監視していました。

(前日の記事はこちら→ポジションチェンジ失敗!アイビーシー(3920)はロスカット)

私の予想通り、寄付き前から明らかに買い勢力が強かったので、前日の私の予想は間違っていないと思い、寄付き前に成行で買い注文を入れました。

普段は寄付き前に成行注文を入れることはないのですが、急騰に乗り遅れてはいけないと思って起こした突発的な行動で、これが大失敗の原因となりました。

寄付き直後、アイビーシーはストップ高となり、注文が約定したのは9時03分でした。

前日終値1304円から大きく窓を開けた1349円が始値となりました。

この時やっと私は自分の犯したミスに気がつきました。

この窓を開けてのギャップアップスタートは寄付きに注文を入れて購入した私には何の恩恵もないんです。

寄付きで急騰して得をするのは、前日から株を持ち越している人達だけで、私は値上がりしたところからのスタートなので含み益はゼロなのです。

そして、寄付き直後から確定売りの勢いに押されて、株価は凄い勢いで急落していきました。

それでも私は「寄付きから前日の終値を大きく超えたらこの銘柄は急騰する」と予想していたので、すぐにロスカットせず、前日の終値1304円と抵抗線になりやすいキリの良い数字である1300円あたりで下げ止まると予想し、そこから5円安い1295円で逆指値でロスカット設定をしました。

もしロスカットにかかってしまったら5400円のマイナスを出してしまうのですが、私の経験上このパターンはこの後急騰する可能性が非常に高いと思っているので、マイナス覚悟で上昇を信じることにしました。

しかし、売りの勢いは予想より強く、私が下げ止まると予想した1300円を勢いよく突破して、私が逆指値を設定している1295円にタッチし、そこで私は戦線離脱となりました。

何が1番ショックかと言いますと、更に追い討ちをかけるように、株価はその1295円を安値に一気に急上昇、高値1430円を付ける私の予想通りの爆上げとなりました。

見事に振り落とされた私は、差金決済により本日中の買い戻しができないため、それをただただ見守ることしかできませんでした。

寄付き前から監視し、予定通りに急騰した銘柄でまさかのをし、その後指をくわえて見てるだけという最悪の結果となりました。

日中に株価を確認することができない中長期のトレードを行なっている方であれば、寄付き前に注文を入れても良いと思うのですが、私は寄付き直後の株価を確認して注文を出すことができるので、寄付き後に上昇するのを確認してからエントリーするべきだったと反省しています。

これからはデイトレードを行う場合には、寄付き前の注文は禁止にしたいと思います。

もし、寄付きから急騰すると予想した場合には前日の大引前に買いを仕込んでおくことにします。

アイビーシーの実現損益はマイナス5400円です。

トランザクション(7818)はきっちり利食い

次にエントリーしたトランザクション(7818)は1197.6で100株購入した後ゆるやかに上昇していきました。

上げ止まったと感じた1216.4円で迷わず利益確定し、実現損益はプラス1880円になりました。

ほぼ高値に近いところで売りぬけることができたのでとても良いトレードだったと思います。

大阪有機科学(4187)は予定通りのプランで利食い

次にエントリーした銘柄は前日11日な引け後の決算発表で増収増益を見込み自社株買いを発表した大阪有機科学(4187)です。

前日終値の1367円から262円も上がった1629円でエントリーしました。

普通なら怖くてエントリーしないようなところでも上がると思ったら果敢にエントリーするのが私のスタイルです。

もうこの銘柄は間違いなくストップ高までいくだろうと自信を持ってエントリーしました。

株価は予定通りストップ高に到達しそうな勢いで上昇していたのですが、ストップ高間近になると大量の利益確定売りが出て株価が急落することが多いですし、ストップ高に到達したとしても剥がれ落ちたりすることや、翌日必ず急騰するとは限らないと経験上わかっているので、私はストップ高前に売りぬけると決めています。

ストップ高が1667円なので、2000円利益が取れたら十分だと考えて1649円で指値を入れていたら、そこで約定しまさた。

実現損益は予定通りプラス2000円です。

ちなみに、大阪有機科学はストップ高をつけた後は一切剥がれ落ちることなく大引を迎えました。

それだけ増収増益、30万株の自社株買いって強い買材料になるんですかね。

明日以降もどのように株価が推移していくのか監視したいと思います。

また、自社株買いの株をもし自分が実行期間に保有していた場合どうなるのかもよくわかっていないので、そのへんも土日にゆっくり調べようと思います。

ラウンドワン(4680)には今日もお世話になりました

下げ止まったところからのエントリーでここ数日良い結果が出ている私の監視銘柄ラウンドワン(4680)に今日もエントリーしました。

本日は前日終値2043円から安値1951円と下げた後、私が引いたトレンドラインを突破し、買いの勢いが強くなったことを確認した1963円で100株購入しました。

私が1983円まで上がったことを確認したところで、それより1973円で逆指値で注文を出して出勤をしました。

仕事の休憩時間にスマホで株価を確認すると2000円近くまで上がっていたので

「もう十分な含み益になってるから今日はこのへんで売ってしまおう」

と思い、注文を訂正しようとしたら、逆指値にかかって1973で売られていました。

本日まさかのふるい落とし2度目です。

結果的に実現損益はプラス1000円止まりとなりましたが、エントリータイミングもばっちりでしたし、仕事中の逆指値に引っかかったことは仕方がないと思います。

急落に備えつつ少額ながらきっちり利益も取れたので良しとします。

カーリットホールディングス(4275)を大引け前購入で持ち越し

最後に、私が監視している銘柄のひとつカーリットホールディングス(4275)がとても良さそうなチャートになっていたので、今日のアイビーシーの失敗から学んだ通りに翌営業日の寄付き前に注文を出すくらいなら大引け前に購入したほうが良いと思い、その通り持ち越すことにしました。

円高のほかに週末に何か日本株にとって悪い材料が出ないかといった心配もありますが、もしかしたらここから大引け前に買って翌営業日の寄付きのギャップを狙うという新しい戦略が自分の中に生まれたりするかもしれないので、ここは思い切ってチャレンジしたいと思います。

失敗したらしたで、また考えて次に繋げればいいと思います。

本日の合計実現損益は持ち越しのカーリットホールディングスを抜かしてマイナス520円で、総資金も218488とスタートより1780円しか減っていません。

資金は増えていませんが経験値は確実に増えています。

トレード回数をこなしていっても大負けせずにほぼ横ばいなので初心者としてはOKじゃないかなと思います。

今月残り13営業日、今月の目標達成は遠いですが、欲を出して大損をしないように、あくまでコツコツ利益を伸ばしていくことを心がけてトレードしていきたいと思います。

それでは今回はここまで!まったね^^

2018年1月12日の実現損益合計

本日のトレード結果

今月始めの総資産220268

本日の実現損益-540

今月の実現損益+6401

現在の総資産218488

Posted by 結城蓮