本日は自分の弱さと寄り天の怖さをすごく痛感した1日になりました

2018年1月5日

はいさいこんにちは!株式投資初心者のデイトレード日記管理人の結城蓮です。

本日も朝9時からデイトレードを行いました。

記事タイトルからなんとなくお察しいただけたかと思いますが、今日はダメダメな1日でした。

トレード中に自分の負けパターンに入っていることに気づきながらそれでもトレードを続けてしまい負けてしまったという感じです。

自分の中ではもう何が悪かったのかはっきりとわかっています。

今日はその悪かったところをしっかりと反省をして、明日以降のトレードにしっかりと活かしていきたいと思います。

西日本フィナンシャルHD(7189)は早々とロスカット

朝一番にエントリーしたのは西日本フィナンシャルHDです。

9時01分に1466円で100株の現場買いです。

前日終値1424円の始値が1448円で、そこから更に値上がりしていたので、このままいくかなと思ったのですが、

1468円で高値を付けて下がってしまいました。

9時03分に1459円でロスカットしました。

損失は700円です。

SBSホールディングス(2384)は上昇するも伸びていかず

次にSBSホールディングスを9時03分に1225円で100株購入しました。

こちらは購入後少し伸びたのですが、もうひと伸びしてほしいところから凄い勢いで売りが入り値段が急落し始めたので私もすぐに売りました。

9時07分に1233円で売り抜けて、どうにか800円プラスす。

ソルクシーズ(4284)はもはや運が悪かったとしか‥

次にエントリーしたのがソルクシーズです。

こちらは今までのトレードの中で1番運が悪かったというか、手のうちようのないトレードでした。

9時08分25秒に1854円で100株約定したのですが、約定したその瞬間から実現損益が大きくマイナスになっていました

慌てて歩み値を確認すると、大口投資家の売りが入り、それをきっかけに雪崩のように売り勢力が押し寄せていました。

私もすぐに成り行きで注文を入れたのですが約定値1824円でマイナス3000円の損失となってしまいました。

売り注文が約定したのは9時08分59秒です。

わずか34秒の間に3000円を失ってしまいました。

恐らく私のこれまでのトレードの中で買いから売りまでの時間の最速記録だと思います。

正直、このトレードは自分の中でそこまで悪くないトレードだったと思っています。

理由としては上昇している銘柄に果敢にエントリーして、売りが勢力が強くなったら即損切りするという自分のルール通りに売買ができたからです。

そもそも私はデイトレード時にはチャート分析やテクニカル分析を一切行なっていないので、1秒先の値動きなんて予想していません

勢いよく上昇している銘柄の流れにただ乗っているだけです。

寄り付き直後の相場は山の天気のように変わりやすいので、エントリーした銘柄が急落したとしても私的には致し方ないと思います。

それよりも良くないのは、予期せぬ急落に動揺した状態で次々とトレードをしてしまったことです。

やっぱりデイトレードにおいてメンタルはとても重要だと改めて痛感させられました。

スターティア(3393)は無事急騰に乗ることができました。

次にエントリーしたのはスターティアです。

9時09分に1342円で100株買いです。

もの凄く上昇の勢いが強く、ほぼノンストップでぐんぐんと値上がりしていきました。

勢いが衰えた時には十分な含み益になっていました。

9時13分に1342円で売却し、確認利益はプラス8700円す。

アイビーシー(3920)はしっかり上手く利食いできず

次にエントリーした銘柄はアイビーシーです。

1135円で200株買いです。

流動性が低くじわじわと値上がりしていき、それでも一時は3000円あまりの含み益になったのですが、上げ止まったところで

「もう少しいけるかな?」

と様子を見ている時に、これまた大口の売り注文が入って、含み益を全てとばしてしまいました。

1132円と1132.1円で100株ずつ売却でマイナス590円の損失になってしまいました。

こんなトレードを繰り返していたらいつまでたっても資産は増えていかないと頭ではわかっているのですが‥

精神のコントロールって本当に難しいですね。

約定代金に微妙な端数が出る理由が判明

ちなみに、アイビーシーのトレードで何故か時々約定代金に微妙な端数が出ている理由がわかりました。

楽天証券で年末から可能になったPTS取引というのがあって、SORを有効にするという機能(東証よりも有利な価格が私設取引システムにあった場合に最良価格で売買を執行する機能)をonにしていたので、200株の売り注文のうち100株は東証ではなくChi-Xというところで約定していました。

時々、約定代金に端数が出る謎が解決したのですっきりしました。

*追記:「SOR有効」機能についてはこちらの記事でも書いています。

「SOR有効」機能は絶対に活用したほうが良い

 

そのあとはグダグダな取引の繰り返し

この後もソルクシーズのトレードで動揺し、我を忘れた状態で取引を続けてしまいました。

本当ならアイビーシーでしっかり利食いできなかった時点で本日のトレードは終了するべきでした。

結局、この後は流動性が低く上昇の勢いも弱い銘柄にエントリーしてはロスカットの繰り返しで、

ファステップス(2338)損失1600円

エムビーエス(1401)損失400円

クロスキャット(2307)損失2260円

イマジカ・ロボットHD(6879)損失1770円

合計で6030円も損失を出してしまいました。

どのトレードも即損切りは徹底できていたのですが、それ以前に自分のエントリールールを完全に見失っていたのでは利益が出るわけはありません。

こんなエントリーを繰り返してしまった理由を自分なりに分析すると、やはり動揺を引きずったままトレードを続けてしまったこと、どこかで昨日の利益と同じぐらいいけるという気持ちがあったんと思います。

人間の行動心理を制御するというのはなかなか難しいことだとは思いますが、しっかり意識すれば少しずつ良くなってくると思うので、諦めずに頑張ります。

前日のトレードについては下記の記事をお読みください。

本日は大発会!新年初日のトレードは理想のトレードで目標達成

寄付きが天井!寄り天の罠

前日に驚く程の日経平均株価の値上がりがあったので、今日もそのままの勢いで値上がりしていくのか、それとも確定売りの勢いに押されて値下がりするのかを見極めようと思い、寄り付き直後に日経平均株価を確認したんです(*今日に限らず毎日必ずやっています)。

その時は確か前営業日比で120円ぐらいのプラスだったので、今日も昨日程ではないにしろ、まだ買いが優勢なのかなと判断しトレードを開始しました。

ところが、次に私が日経平均株価を確認した時(トレードの終盤頃)には最初に確認した価格から60円程値下がりしていました。

ということは、私が取引をしていた時間(寄付き直後)は全体的に売りが優勢だったわけです。

それほど大きな値下がりではないにしろ、売りが優勢の状況でイケイケで買い注文をして自分の思うような結果を出すことは今の私には難しいと考えています。

もっと丁寧に購入する銘柄を探して、スターティアのように上昇の勢いがものすごく強い銘柄に絞ってトレードを行うべきでした。

今後はトレードの最中にもしっかりと日経平均株価の値動きを確認して相場状況を見極めながら取引を行っていこうと思います。

(ちなみに日経平均株価はその後上がって前営業日比で208円20銭高で終値となりました。ですので正確には寄り天ではなく私がトレードしていた時間が売り優勢だっただけでした。)

それにしても、投資初心者の方って普通はもっとチャート分析とかテクニカル分析を重視すると思うのですが、私の場合はメンタルの改善ばかりを重視していて、プロトレーダーを目指しているというより、なんだか仙人を目指している人みたいになってますね(笑)

でも、私はまだ読んだことがないのですが、投資家の間では「ゾーン」というメンタル本がトレーダーのバイブル本みたいになっているようなので、きっと結果を出せる投資家になるためにはメンタルコントロールがとても重要なんだと思います。

きっとプロの投資家の方々は仙人のようなメンタルの持ち主なんだと信じてまた頑張っていこうと思います。

あ、ちなみに楽天証券から貸し株金利で24円入金されました。

落ち込んでいる私に小さな幸せをありがとう(笑)

それでは今回はここまで!まったね^^

2018年1月5日の実現損益

2018年1月5日の実現損益2

本日のトレード結果

今月始めの現物買付可能額220268円

本日の実現損益-2260

今月の実現損益+11950

現在の現物買付可能額229156

Posted by 結城蓮